HOME  > INTERIOR  > OTHER
HOME  > FURNITURE  > 家具
ウルムスツール
Max Bill 1954
型番 : ulm01
40,700円(税込)
購入数
【デザイン】マックス・ビル (1954年)
【ブランド】ヴォーンベダルフ
【生産国】スイス
【サイズ】幅39×奥行29×高さ44cm、重量:約3kg
【材質】スプルース(米唐檜)、ビーチ
【仕様】耐荷重 400kg

<※送料無料>


1953年、旧西ドイツのウルムに開設された「ウルム造形大学」は、バウハウスの理念を継承する革新的な教育機関でした。
1954年この大学の初代学長を務めたマックス・ビルと当時ビルのアシスタントを勤めていたハンス・グジェロは、
学生達のために腰を下ろす何らかの道具を考えました。

仕事机や講義、カフェテラスなどに使えるスツール、サイドテーブル、持ち歩く機能や書籍をのせるトレイなど、
多目的な要素をデザインに集約し「ウルム スツール(ウルマーホッカー)」は生まれました。
無駄な機能やデザインを削ぎ落とした、まさにバウハウスの概念をそのまま受け継いだ象徴的スツールと言われています。

座面と側面の板は、強度に優れ、反りやねじれを防ぐ木工技術である「組継ぎ」という工法で接合されています。
脚部は強度のあるビーチ材を「相互矧(は)ぎ」という工法で接合。エッジ部が僅かに削られており、
シャープなラインをより美しく魅せる工夫が施されています。
横棒は「くさび細継ぎ」で接合。この部分にも丈夫なビーチ材を使用を使用しています。

極限までにシンプルなコの字型。置き方や用途は発想次第。
仕事机や講義、カフェテラスなどに使えるスツール、サイドテーブル、スタッキングシェルフのように積み重ねたり、
マガジンラックにしたり、横棒は持ち運ぶときに取っ手になったり。
多目的な要素がデザインに集約されています。

※こちらの商品は天然木を使用しておりますので、木目には若干の個体差がございます。
また、商品によっては木の節があるものもございます。天然木の個性としてお楽しみください。
無塗装のため経年により味わい深い色合いへと変わっていきます。


<Max Bill (マックス・ビル) 1908-1994>
スイス、ヴィンタートウール生まれ。1994年没。
マックス・ビルの名前は、コンクリートアートや環境デザインと結びつくことが多いが、彼はいわば多方面で活躍したスイス人「ユニバーサル・クリエーター」だ。
1924年から1927年にかけてチューリッヒで彫金の修業をし、その後、バウハウスでカンディンスキーやクレーのもとで学ぶ。
1929年以降、画家、彫刻家、グラフィックアーティスト、建築家、そして後には工業デザイナーの顔ももつことになるが、当初は画家としての活動がメインだった。
この時期の幾何学的且つ抽象的な作品の一つとして、「一つのテーマに対する15のバリエーション」(1935年-1938年)がある。

バウハウスの精神を継ぐべく、ウルム造形大学設立にも尽力した。彼の言葉を引用する。
「アートはかなりの部分、数学的思考によって作ることができると考える。私は数学を数字と記号のみを使った科学とみなすが、一方、アートは美の研究あるいは理論である美学を扱う、美に対する心理的反応であると思う。即ち、(アートは)数学のアンチテーゼなのだ」

現代美術の主要コレクションにマックス・ビルの作品は欠かせない。


<wohnbedarf (ヴォーンベダルフ)>
1931年にスイスで設立された歴史ある家具ブランド。
過去にはアアルト、コルビュジェ、ミースなどの著名な建築家の製品を手掛け、マスターピースと呼べる家具を世に送り出している。



BRAND LIST

RECENT ITEMS